基礎講座 & 出張講習会 (講師:岩崎雅樹)

あくまで塩谷博士本人ではない限界を踏まえたうえで、博士の著書を読んだり、直接お話を聞いた内容を基に、できるだけ正確に正心調息法のやり方をお伝えしていくコースです。実修を中心に座学も組み合わせていきます。これまでの体験などから、博士は触れておられないけれどこうした方がよいと自分で判断したところは、その旨を明確に区別してお伝えします。

また、正心調息法は簡単な手法であるので、本来は博士の著書を読んでいただければ理解できる内容です。ただ、同じ文章を読んでも、講習会等で同じ話を聞いても、全ての方が同様に理解するとは限りません。これまでの講習会での経験も踏まえ、姿勢、鈴の印等、博士の著作からだけではわかりにくいところ、誤解されがちなところを重点的に説明するとともに、正心調息法の位置付け、背景、含まれている要素等についてわかりやすく説明していきます。

初めてご参加される方、まだ博士の著作を読まれていない方でも問題ありません。わかりやすく、具体的にお伝えします。また、前述の通り簡単な手法ですので、アドバンスコースの設定はしにくい面が有ります。基本は一度受講されたら、後はご自身で実践していただき、なにか確認点等ありましたらメール等でお問い合わせいただく、という形を採ります。復習の意味も含めての再受講ももちろん歓迎します。

実修会 (進行:岩崎雅樹)

本来は基礎講座の中に正心調息法の1日の目標である25回の実修を組込みたいのですが、時間の関係で難しい面が有ります。また再受講される方も多くはなく、一度受講された方と再開する機会が多くありません。
そこで青山・王子講習会では基礎講座終了後に「実修会」を設定しています。実修会のみの参加者と、当日の基礎講座受講者で希望される方と一緒に実修します。正心調息法は本来回数優先で、25回実修すれば終了で良いのですが、回数を数えるのもなかなか難しい面が有ります。呼吸法はなんとかできるという方なら呼吸法だけ、想念も取り込める方ならそれも入れて、内観も取り込める方はそれも加えて、ご自分のできる範囲で、とりあえずは回数は気にせずに20分間の実修をしてみようという会です。前後に適宜質疑等を組み合わせた約30分のコースです。

何人かが集まって、正心調息法を一緒に実修すると次のようなことが起きたりします。
 ◇会場の雰囲気が清々しいものに変わる。
 ◇参加者の顔つきが穏やかで素敵な感じに変わる。
 ◇普段より正心調息法が上手くできていると実感できる。
 ◇実修時間が短く感じられたりする。
 ◇身体の不調が改善されたり治ったりすることも有る。

一度、100人くらい集まって一緒に実修できたらなにが起こるんだろうと、いつか実現することを願っています。

イメージ力強化コース (講師:鈴木美穂/進行:岩崎雅樹)

正心調息法の基本的なやり方はご存じの方を対象にしたコースです。最初に10分ほどの実修を一緒に行います。したがって正心調息法のやり方の説明については原則的に行いません。
正心調息法ネットワークの講習会を受講していなくとも構いません。 他所の講習会を受講されたり、既に博士の著作を読まれていたりして、完璧でなくとも正心調息法の実修ができる方ならお気軽にご受講ください。

イメージすることが苦手と言われる方が多いのは事実です。基礎講座でもお伝えしていますが、人間は誰でもイメージ力を持っています。ただ願望実現ためにイメージしようと身構えると、意外と難しかったりするのもまた事実。そこで誘導瞑想を使うことで、誰でもイメージ力は持っているのだ、ということを確認していただく講座になっています。 内容については、その日の受講人数等によっても変わってきます。

コースの流れとしては、正心調息法に関する質疑と実修に15~20分間取り、その後に誘導瞑想を利用したイメージ力強化プログラムを90分ほど実施、最後に大断言を唱和して終りとします。

風のワークpetit (講師:鈴木美穂)  ※正心調息法番外編

現在、イメージ力強化コースでご協力をいただいている鈴木美穂氏はヒプノセラピストでも有り、「21世紀ママたちの子育て応援団」として「STEP勇気づけセミナー」「STEP/Teen」等のワークショップを主宰しています。
そしてその体験者と鈴木講師が共同で作り上げた「風が見えてくる」(通称:風のワーク)というオリジナルワークショップが有ります。「今、ここ」をより充実して生きることと、自分を知ることに絞り込んだ、誘導催眠や退行催眠も含めた全6回/計12時間のコースです。ただ過去の苦い体験から、とくに退行催眠については知り合いの方やその方からの紹介で、ある程度顔の分かる方に限定して、女性主体で開催してきました。
ですが、イメージ力強化コースを担当するようになってから、正心調息法講習会に参加される方なら大丈夫ではないか。これまで避け気味にしてきた男性の参加者も少なくないので、興味のある方限定で退行催眠の体験版的なものをやってみたいという提案が有りました。
そこでイメージ力強化コースを設定した日の空き時間を使って、番外編として退行催眠体験版「風のワークpetit(プチ)」を設定しました。通常「退行催眠」というと何時間か掛かって、何万円というのが一般的ですが、このコースは「1時間、6,000円」の体験版。イメージ力強化コースとの同日受講の場合は割引も有ります。ご興味のある方はぜひご参加ください。

ただ誰でも確実に過去世体験できるわけではないようです。正確な統計を取っている訳では有りませんが、これまでの結果から考えると、それでも6割から7割の方は何かが見えたり、感じたりされているようです。
ちなみに、私は全くダメです。イメージ力強化コースも含め、誘導瞑想を使うのですが、私は誘導瞑想が始まるとすぐに眠りに落ちてしまうタイプのようです。

講師プロフィール

岩崎雅樹

東京都北区出身。1950年(S25年)生まれ。1974(S49年)年に大学卒業後、25年近くのサラリーマン生活を経て、1997年10月、イベントの企画・運営を主体にした㈲アウザを設立、「人と情報と感動の行き交う場作り」を目指して活動中。2002年7月、商号を㈲ありがとうございますに変更、テーマも「人と感謝と感動の行き交う場作り」に変更。1994年頃に塩谷博士と正心調息法に出会い、博士の講演会や講習会のお手伝いをしながら正心調息法への理解を深める。2000年(H12年)から独立して講習会を赤坂で開始。その後、メイン会場を神宮前の東京ウィメンズプラザに移し、博士のお考えを守って組織を作らない形での普及活動を展開中。2002年(H14年)からは出張講習会として全国でも講習会主宰。なかなか果たせませんが、「正心調息法ネットワーク」という名称を付けて、正心調息法を伝えたい語り部の方々のネットワーク作りを目指しています。

鈴木美穂講師

神奈川県出身、2児の母。SONY㈱秘書、中学校講師、各種研修講師、福祉事務所ケースワーカー等を経て、1994年に米国ヒプノセラピー学院会長A.M.クライズナー博士の元でヒプノセラピー学を学び、全米催眠療法協会の認定を受ける。日本ヒーラー&カウンセラー学院(学院長/師岡幸次医学博士)を卒業。また、米国のドン・ディンクメイヤー博士が開発し、世界で約300万人の親が受講している子育てと自己発見のためのプログラム「STEP」「STEP/teen」のワークショップを100回を越えて主宰し、受講者は1000名以上となっている。その他、オリジナルワークショップ「風が見えてくる」(通称:風のワーク)も開催中。著書に花田美穂のペンネームで書いた「生まれ変わりセラピー」(大和出版/1999年)が有る。